朝の歯磨きと歯科

朝の歯磨きと歯科について

歯科医推奨の歯磨きする時間

朝、歯磨きを行う場合、そのタイミングは「起きてすぐ」または「食事の後」、果たしてどちらが適切なのでしょうか。一般的に1日に歯を磨く回数は1回~3回ですが、最近は起きてすぐと食事後の2回磨く人も多いそうです。しかし、歯科医によると、2回は歯を傷める可能性があるため、磨き過ぎは推奨しないそうです。朝は、起きてすぐは「うがい」で就寝中に口内で繁殖した雑菌を洗い流し、食事後に増殖した虫歯菌を、歯磨きすることで除去するのが望ましいとのことでした。歯科医おすすめのタイミングで歯を磨いてみてはいかがでしょうか。

朝に向いている歯科での治療

朝から夜に至るまで歯科医院ではいつ行っても同じ治療ができます。しかしそれぞれの時間帯によって向かない治療があります。朝はできることでしたら、歯の根っこの治療や大きすぎる虫歯の治療は避けた方が良いでしょう。その日一日空いているのであれば構いませんが、歯医者さんで治療の後に、会社や学校に行くような場合はこれらの治療はお勧めしません。大きすぎる虫歯は虫歯が歯の神経まで達している可能性があり、抜髄に移行したりする可能性があり治療時間が大幅に伸びる可能性があります。この時間帯に向いている歯科治療はスケーリングや義歯調整などの治療は時間が読めるのでその後のスケジュールに影響が及びにくい治療と言えます。

↑PAGE TOP