歯医者ならここです

歯医者との上手な付合い方

歯医者にたいするイメージ

「歯医者は怖い」というイメージを持っている人はまだまだ少なくないでしょう。子どもの頃怖い思いをした記憶をいつまでも持っていて、今でもその思いを払拭できてない人もいるかもしれません。ですが、最近の歯科医師はそういった患者の気持ちをくみ取ってくれるところも増えてきています。痛いといえば、治療の手をやめて麻酔を増やしてくれたり、他の方法を考えてみたりと、なるべく患者の負担にならない治療を心がけるようにしてくれたりとです。ですので、身構えてたけど思ってたよりあっけなく治療が終わった、というケースもあります。

歯医者に不安を感じる理由

歯医者と聞くと、嫌なイメージを持った人がたくさんいます。そのわけは、小さい頃虫歯を削られた痛みが忘れられない、または、歯を削る音などが挙げられます。今の歯医者は、無駄に削る事もせず、必要最低限の治療しか行いません。また、初診の際には、カウンセリングをはじめ、口全体のレントゲンを撮影して終了し、いきなり削るという事はありません。それに、必ず医師が治療の計画を説明してくれるので、心配することもありません。

↑PAGE TOP